お葬式の費用で、どうしてもお金が必要になって困っています!

お葬式の費用で、急にお金が必要になってしまいました。父のお葬式なので、私たちが出さないといけないのですが、生命保険に入っていなかったらしくて、貯蓄分では足りません。こういうお金って、どこで借りるのが良いでしょうか?教育ローンとか住宅ローンとか、そういう名前のついたローンがないので、困っています。

カードローンやフリーローンをご利用ください!

事業性ローンなどは別ですが、一般に、ローンに名称がないものについては、カードローンやフリーローンをお使いいただけます。特に、お葬式なら1度きりですから、フリーローンをご利用になると、借金が癖にならずに済みます。

ローンを組む場合、もちろん審査がありますから、もしご家族がいるのであれば、ご家族の中で収入が高く、これまでに滞納や他社借入などがない方が、審査を受けると良いですね。実際の返済は、中で分担すれば良いと思います。バラバラに借りてしまうと、利息が余計にかかってしまいますので、お金のことでケンカになりそうな家族などでない限り、あえて分ける理由はないと思います。

ローンを選ぶ場合、銀行や信用金庫から始めるのが良いのですが、あまり時間がないようでしたら、即日振込のできる銀行や、消費者金融のカードローンがご利用になれます。2、3箇所同時に受けておくと、1箇所審査に落ちても、他で通る可能性があります。家族で2人以上の方がお仕事をされているのでしたら、1人が保証人になるなど、審査に通りやすくする方法もありますね。

カードローンやフリーローンは、特に使途が定められていませんから、基本的にはどんなことに使っても良いことになっています。銀行カードローンなどでは、高いものだと限度額1000万円、消費者金融のカードローンでも500万円ほどです。500万もあれば、普通のお葬式をする分には、十分ですよね。

葬式のお金が足りない時にキャッシングやカードローンが役立つ

いずれ誰の身にも関係してくる冠婚葬祭ですが、予定が分からないものが葬式です。自分の親、又は子の葬式となりますと、そのお金がかなり掛かる事はよく耳にする話です。実際にいくら掛かるかは現在ではかなりの少額からのプランが有りますし、生前から葬儀用の積立をしている場合も有りますので、葬儀をする人が準備する葬式代金は少なくて済むかも知れません。しかし、たいていの場合は葬儀も急な段取りとなり、積立金なども無い場合はかなりの出費が予想されます。一般の葬式の場合、おおよそ百万円程度は必要です。

これには葬儀場の使用料、祭壇代金、棺桶、花代、戒名代、住職に支払うお布施、手伝いの方や泊まりの親族関係の方々に対する弁当などの食事代などが含まれます。ある程度生前に交友が多い方であれば、祭壇も葬儀場もそれなりの大きさが必要ですので、費用はもっと多く掛かると見るべきでしょう。その後も墓代、仏壇やお位牌代など、費用はもっと掛かります。

その祭、手元にそれだけのお金が無かった場合は急遽借入れをする事も可能です。例えば金融期間のキャッシングやカードローンの場合、使用目的は限定されませんし、審査内容によっては葬式代程度は借入れ可能です。審査も銀行系列では審査日数がある程度必要ですが、それ以外の金融機関では即時審査、カード発行、借入れ可能の場合も多いです。返済計画さえしっかりしていればキャッシングやカードローンで葬式代を借り入れるのも一つの方法と言えます。そして、いざという時の場合に備えて、キャッシングやカードローンのカードを作っておくと便利かも知れません。

先述の通り審査に日数が必要なものも有りますので、前もっての準備しておくと対応にも余裕が出来て良いでしょう。実際に利用しないのであればそのままカードは持っておけば良いだけですから、あくまで保険とう意味合いでこのようなカードを所有しておく事は意味があると言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 専業主婦でもブラックでも大丈夫?即日融資できる会社はコチラ All Rights Reserved.